本文へスキップ

新しい視点で考えて行動する ボランティアチームかんから

ご案内information

被災地での現地で活動をする際の持ち物


☆ボランティア活動の持ち物

・リュックサック
全ての荷物を入れるバック出来るだけ一つにまとめる。現地用・移動用にウエストポーチがあると便利。
・作業着(防寒着)
ケガ防止のための長袖・長ズボンで動きやすい作業服
吸湿性・通気性の高いもの、汚れてもいい服装
雨ガッパ(上下タイプの物)、ビニール袋(作業服/長靴を入れる。)
・着替え
作業後にバス等汚さないため、季節・滞在日数によりますが最低限必要となります。
・食べ物
昼飯、カロリーメイト等の保存食、チョコレートを持参。飲料水は最低2〜3Lは必要。
夏場は熱中症対策にスポーツドリン クや塩飴なども必要。
・救急セット
消毒液、バンドエイド、腹痛薬、うがい薬
ウェットティッシュ、トイレットペーパー(つぶして置く)
・その他
ボランティア活動保険、身分証明書コピー(国民健康保険、運転免許証のコピー)
筆記用具、使い捨てカイロ、携帯電話、携帯ラジオ

・団体で必要品
携帯ラジオ、 懐中電灯、電池、工具、ゴミ袋、携帯充電器、救急セット、飲料水など
(活動内容・時期・場所によって必要なものが異なります。)

礫撤去作業用の持ち物
  ・ ヘルメット(帽子):1000〜4000円位
現在カラフルで多機能のヘルメットもあります。
   ・作業ゴーグル・作業メガネ:500〜2000円位
※コンタクトレンズ使用者は必須!
   ・カップ型防塵使い捨てマスク:100〜500円位
3Mの防じんマスク性能:
粒子捕集効率80.0%以上、使用限度時間3〜14時間
※活性炭入りの防塵マスク、臭い消しに。
 作業手袋   ・加工手袋:200〜500円位
耐油ゴム手袋の二種類は必要。
※瓦礫撤去時は軍手では危険、中にはめる場合も有り
  ・長靴(セーフティーブーツ:鋼製先芯入り)3000円位
※鉄板入り中敷:釘やガラスなどの鋭利な物から足裏を守る踏み抜き防止インソール 800円位
   
瓦礫撤去作業用の資機材
 スコップ(丸型・角型)ミニスコップ(排水溝用に什能)、ツルハシ、平バール(大・中)、掛矢・ハンマー、のこぎり
バケツ、デッキブラシ、掃除セット、一輪車、土嚢(どのう)袋 、ブルーシート
ロープ、ボルトカッター、チェーンソー、油圧ジャッキ、高圧洗浄機
雪かきボランティア(除雪)
・スキーウェアー、長靴
・雪かきスコップ、 角型スコップ、スノーカート(スノーダンプ)、雪割りツルハシ、がんじき 
 

作業のマメ知識


土嚢の結び方例

1.2本のひもを引いて、袋の口を強く絞ります。
2.絞った袋の口を片方の手でにぎり、その下部をひもで2〜3回廻します。
 廻したひもの端を絞った元のひもに巻き込むように通します。
3.そのまま上方に強く引いて絞ります。
・巻き結び(クラブヒッチ)でも良い


重い物の持ち上げる時の注意
・正面からしゃがみ、荷物を引き寄せゆっくり持ち上げる
☆荷物の受け渡し作業も注意
受け渡し距離があり、体や腕を伸ばして荷物を移動させるのが一番腰へ負担がかかります。
何回も繰り返した場合、腰を痛める要因となります。

愛知ボランティアチームかんから

〒457-0814
名古屋市南区柴田本通5-5

TEL 052-612-7410