本文へスキップ

新しい視点で考えて行動する ボランティアチームかんから

現地活動のご案内information

被災地での現地でボランティア活動の流れ


☆ボランティア活動の流れ

○ネットを活用して情報収集
ボランティアニーズは毎日違うため、最新状況を把握するため、ボラセン-ホームページやブログを確認し、出発直前まで現地の状況を確認しよう。気象状況の確認も必要。
 持ち物リスト

○現地へ出発
・現地までの交通手段が車の場合は帰りの燃料まで十分考慮する。
・現地の交通機関や道路はまだ完全に復旧していない場合は、とくに最新情報の確認が必要。必ず帰還を考えて行動する。

○災害ボランティアセンターへ登録
ボランティアセンターで受付/登録。ガムテープに名前を書いて名札を作り、体に貼ったら受付は終了。
ニーズのマッチング作業。※状況によっては待機や作業が無い事もあるので理解しておこう。

男性向け:ガレキ撤去、土砂撤去・泥かき、引越し/運搬
女性向け:物資の仕分け、介護・子供の世話、仮説住宅訪問、写真洗浄、清掃

○ボランティア活動へ
・必ずボランティアリーダーの指示に従って行動すること。
・休憩は確実に取り、自分にできる範囲で無理の無い活動をし、安全や健康は自己管理する。
・被災した方々の気持ちを考え、プライバシーには充分配慮しマナーある行動を心がけよう。
・ゴミは必ず全て持ち帰ろう。

○活動後
ボランティアセンターに戻り、作業道具の洗浄/片付け、活動報告書を記入して、1日作業完了!


ボランティアセンターでの時間的流れ


各区災害ボランティア

○災害ボランティアでの1日の流れ(参考例)

8〜9時受付スタート
9時〜  全体ミーティング&マッチング作業、作業道具の準備
     車/マイクロバス等にて各活動現場へ移動
10〜12時 作業開始(一時間ごとに10分休憩)
12〜13時 昼食(各自持参-活動現場で取る事が多い。)
13〜15時 午後作業(一時間ごとに10分休憩)
16時まで ボランティアセンターに戻り機材片付け
16〜17時 解散
※作業内容や各センターによりことなります。

愛知ボランティアチームかんから

〒457-0814
名古屋市南区柴田本通5-5

TEL 052-612-7410